カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

quality


SILVER 925


DaDa silver works では、国内の信頼できる高品質の 「SILVER 925」を使用しており、品質には、絶対の自信を持っております。

確認したい方はこちら で品質を確認していただけます。

金属アレルギーについて


 はじめに、金属アレルギーの方や肌に異常を感じた方は、ご着用をすぐにやめて専門医にご相談ください。

初めて着用される場合は、医療機関にて金属アレルギー検査をお受けすることをお勧めします。

金属アレルギーになるメカニズム。

 金属が、汗によって溶け(イオン化)出し肌からしみ込み体内に侵入します。

人の体には、もともと数多くの金属元素が含まれていので、金属が体内に侵入しただけでは金属アレルギー体質にはなりません。

「金属アレルギー体質」になるきっかけは、汗以外に、もう1つの要因が加わったときになります。  

その正体は、「菌」です。

どんなに綺麗にしていても、私たちの体の表面には、何らかの菌がいます。 

その菌が体内に入ることで白血球が攻撃を開始し、それにより菌だけではなく一緒に入ってきた金属も異物とみなされ攻撃対象として記憶されます。

その後、同じ金属だけが入ってきた場合でも、白血球が攻撃を仕掛け炎症物質を撒き散らすことにより、かゆみ、赤み、皮膚かぶれるアレルギー性接触皮膚炎となります。  
 

この症状を金属アレルギーといいます。

菌が体内に入りやすいのは、肌を引っかいてしまうときです。

金属をつけて汗をかいている場所をポリポリかいて傷ができると、そこから菌と金属が侵入し「金属アレルギー体質」になるリスクが高まります。

ひっかいたからと言って、すぐに「金属アレルギー体質」になるわけではありません。

 金属アレルギーを予防するには、金属、汗、菌、傷、この4つをそろえないことが重要です。

スポーツをして汗をかいたような時、あるいは、肌をひっかいてしまったような時、そんな時には、直に金属をつけないようにしてください。

個人差もありますが、3〜4日たって出る症状が遅いものもあるので注意が必要です。

 「金属アレルギー」の原因といわれている「ニッケル、コバルト」などが含まれているアクセサリーを身に着けることにより起こりやすいことが考えられます。 

 汗の中の塩素イオンはニッケルを溶かす作用が強く、過去にニッケル・アレルギーにかかった人は少量の汗でもニッケル製品を身につけただけで皮膚炎を起こしたりするそうです。

着けている人のその金属に触れる頻度と条件によって変わってきます。

汗の多い夏につける事が多い時などは、汗によって金属が溶け出す事もあります。

 シルバーは、空気中ではご存知のように酸化して変色しやすくなるものです。(そのお手入れをするのが又シルバーの醍醐味でもあるのですが・・)


そこで、色合いを良くし、変色を防ぐ方法として、メッキをかけることがあります。

メッキとは、多種金属の表面に薄い金属の膜を貼る加工です。メッキの中にニッケルが含まれているものがあります。

そして表面のメッキだけでなく「silver925」となっていても、純銀を加工しやすい「silver925」にする時にニッケルを混ぜてある商品もありますのでご注意ください。

銀は、アレルギーを起こしにくく非常に安全であるといわれています。アクセサリーを愛用して頂く為にも、高品質のシルバーアクセサリーを選ぶことを DaDa は、お勧めします。

自分らしさとは、高級なブランド服や装飾品を身に着けることではなく、何にも変えがたい自分だけのこだわりや愛着を持つことです。

ふとした瞬間に垣間見える、もしかすると着けている本人にしかわからないような拘りが本当のおしゃれだと考えます。


DaDa silver works 〒457-0866 愛知県名古屋市南区三条2丁目3−7