カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

携帯箸(2)

昨日の続きです。

また叩きます。

叩いて 叩いて

伸ばして細くします。

ようやく細くなったので

表面の凸凹をヤスリで整えます。

携帯用の箸なので

持ち運びに便利な組み立て式にしました。

くるくる回して組み立てれるように

ネジを付けてみました。

強度的な問題などなどありまして

残念ながらネジはシルバーではありません。

後ろの半分は

昨日切った 木 になります。

くるくる回して繋げると

こんな感じです。

やっと 形が出来ました。

長さは約19cmになります。

これから仕上げていきます。

続きはまた、明日。

☆ ちょっといい話 ☆

毒物による暗殺が頻繁に行なわれていた

中世のヨーロッパでは食事の時

細心の注意が必要でした。

当時、銀は毒に触れると曇るといわれていたため

“クレテンザ”(信用)と呼ばれる銀のナイフで肉を切り

毒が入っていないことを証明して見せたといいます。

中国では銀の箸を毒味として使っていたそうです。

そんな事もあり

食の安全確認が出来る

まさに 箸にはシルバーが一番!

問題は、重いって事ですね。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=9656&eid=128

ページトップへ