カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

煙管ついに完成

アクセサリーとは違い

道具としての使ってなんぼ的なところが重要なキセル

もちろん作るからにはデザインにも拘りたい

そんな想いを形にするのは簡単じゃないよね

試作品1号の火皿は上向きの髑髏

髑髏の環 キセル

ビジュアル的にはこれもすきなのですが

タバコの葉を詰めるときに

髑髏の目の中や隙間にも葉が詰まってしまい NG

髑髏の目を埋める事も検討しましたが

髑髏を下向きにする事で解消

試作品2号の誕生です

髑髏の環 煙管

ビジュアル的にも機能的にもしっくりときたのですが

新たな問題が

火皿が大きく重いせいで慎重に置かないと倒れてしまう

製作段階から気にはしていたのですが

やはり快適に一服してもらうには気軽に使えないと ・ ・ ・

と言うことで

相談の結果 「 足でもつけますか!」

昔の煙管にも足が付いてるものがあるようなので

そうと決まれば後はどんな足にするかです

いろいろ悩んだ結果

香炉をイメージしたシンプルな足をつけることに

姫神サクラ煙管

想像以上にキュートな出来栄えに雁首と言うよりも

新たな生命体の誕生か?

などと雁首以外の使い道をしばらく真剣に考えてしまいました

姫神サクラ煙管

さらに火皿にミルグレインを施し

ついに煙管が完成しました

ミルグレイン(ミル打ち)とは

細かな玉を連続して彫り入れる装飾手法のことです

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=9656&eid=436

ページトップへ