カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

「フラメルの十字架にかけられた蛇」         2012.05.28

少々マニアックな内容になりますが

「フラメルの十字架にかけられた蛇」とは

賢者の石の錬例に成功し

妻共々不老不死になったといわれる

中世を代表する錬金術師ニコラ・フラメルが書いた

『錬金術摘要』という書物

その中に描かれている

王冠と羽を掲げた十字架に

一匹の蛇が絡まってる図のことです

この図は硫黄と水銀という相反する物質を

結合することによって

賢者の石が得られることを表しているそうです

賢者の石とは

中世ヨーロッパの錬金術師が卑金属を

金などの貴金属に変えたり

人間を不老不死にすることができるもの

として考えられているそうです

そんな夢のような賢者の石が得られる

ことはないと無いと思いますが

「フラメルの十字架にかけられた蛇」を

ペンダントにしてみました

フラメルの十字架にかけられた蛇

バチカン部分はこれからですが

こんな感じに絡んでます

フラメルの十字架にかけられた蛇

蛇が十字架に絡んでる感じを

よりリアルに表現するために

十字架と蛇を別々に作り

絡み付けて固定する方法にしてみました

フラメルの十字架にかけられた蛇

蛇のみだとこんな感じになってます

後は王冠をイメージしたバチカンをつくります

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=9656&eid=536

ページトップへ