カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

「仏像猫」改め「猫如来」です。

昨日に続き、W杯ロシア大会初戦。

やってくれました、日本代表!!

「大迫半端ないって」、これ言ってみたかった。

この勢いで、次のセネガル戦も楽しみにしております。

と、サッカーの話はここまでにしまして。

気になってる方もいるかと思いますが。

そうです、猫の仏像の続きですよね。

寄り道をしていた間に、しっかりと進んでおります。

それでは、行ってみたいと思います。

猫如来

地震とサッカーの話をしている間にここまで進んでしまいました。

猫如来

如来の特徴の三十二相八十種好(さんじゅうにそうはちじゅうしゅごう)

全てを盛り込むことはできませんので、

仏像をイメージしたときに最初に浮かんだ部分。

たぶんこれがみなさんのイメージする如来の特徴じゃないかな?

あのパンチパーマのような「螺髪(らほつ)」。

最初に無理と判断してしまい制作しませんでしたが、

いま改めてイメージすると「螺髪」ちょっと可愛いかも。

垂れ下がった耳たぶの「耳朶環(じだかん)」に

猫如来

眉間にある「白毛相(びゃくもうそう)」を付けて

猫如来

完成です!!

後は、うまく鋳造ができれば一安心。

次回は、猫如来がどんな仕上がりになったかをご紹介したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

ページトップへ